彩りのまち、響きの

用途地域制限事項

地区整備計画

用途地域(地区の名称) 第一種低層住居専用地域(住宅専用地区)
容積率 60%
建ぺい率 40%
建築物等の用途の制限 建築できる建築物は次に掲げるものとする。
  1. 1.住宅
  2. 2.住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち建築基準法施行令第130条の3に掲げるもの
  3. 3.共同住宅
  4. 4.学校(大学、高等専門学校、専修学校及び各種学校を除く。)
  5. 5.保育所
  6. 6.集会所又は公民館
  7. 7. 神社、寺院、教会その他これらに類するもの(換地前より既に建っているものに限る。)
  8. 8.診療所
  9. 9.巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する建築基準法施行令130条の4で定める公益上必要な建築物
  10. 10.前各号の建築物に付属するもの
建築物の敷地
面積の最低限度
200㎡。ただし、巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する公益上必要な建築物についてはこの限りでない。
建築物等の形態又は
意匠の制限
  1. 1.建築物の外壁又はこれに代わる柱及び屋根の色は、周辺の環境に調和した落ち着いたものとする。
  2. 2.広告物又は看板類の表示は、自己の用に供するものとする。
垣又はさくの
構造の制限
道路に面する側に設ける場合は、次の各号に掲げるものとする。
  1. 1.生垣
  2. 2.高さ60cm以下の基礎の上に透視可能なネットフェンス等と植栽を組み合わせたもの

用途地域による制限

建築物の高さ制限 建築物の高さは10m以下とする
敷地境界線からの
壁面後退
建築物の外壁又はこれにかわる柱の面から敷地境界線までの距離は、1.0m以上とする。ただし、次のいずれかに該当する建築物または建築物の部分を除く。
  1. 1.外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3m以下のもの
  2. 2.物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3m以下で、かつ、床面積の合計が5㎡以内のもの

  • プライバシーポリシー
  • 「響きの」についてのお問い合わせ