彩りのまち、響きの

お申込みについて

「彩りのまち、響きの」のまちづくりについて詳しくはコチラ 

住宅地編ダウンロード

申込資格について

  1. (1)成年被後見人及び被保佐人
  2. (2)破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  3. (3)抽選において、その公正を妨げた者又は不正な利益を得るために連合した者
  4. (4)同一区画に重複して申込みを行う者(下記の場合も含みます)
    1. ・申込みを行った者と同一世帯の者
    2. ・申込みを行った法人への譲渡を目的とした当該法人の社員、関連する法人及びその社員
  5. (5)複数区画の申込みを行う者(下記の場合も含みます)
    1. ・申込みを行った者と同一世帯の者
    2. ・申込みを行った法人への譲渡を目的とした当該法人の社員、関連する法人及びその社員
  6. (6)北九州学術・研究都市北部土地区画整理事業地内の保留地を購入した個人(権利譲渡後の権利者を含む)
  7. (7)北九州学術・研究都市北部土地区画整理事業地内の保留地の申込みを行っている者
  8. (8)次に掲げる者
    1.   ア 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「法」という。)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)
    2.   イ 当該物件を暴力団の事務所その他これに類するもの(公の秩序又は善良な風俗に反する目的その他社会通念上不適切と認められるものをいう。)の用に供しようとする者
    3.   ウ 法第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)又は暴力団員でなくなった日から5年を経過していない者
    4.   エ 法人でその役員等(法人の役員又はその支店若しくは営業所を代表する者で役員以外の者をいう。)が暴力団員であるもの又は暴力団員がその経営に実質的に関与しているもの
    5.   オ 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって暴力団を利用するなどしている者
    6.   カ 暴力団若しくは暴力団員に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど、直接的若しくは積極的に暴力団の維持運営に協力し、又は関与している者
    7.   キ 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者
    8.   ク 暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれを不当に利用している者
    9.   ケ 暴力団員であることを知りながら、その者を雇用・使用している者
    10.   コ 前記アからケまでのいずれかに掲げる者の依頼を受けて、抽選に参加しようとする者
    11.   ※ 申込み資格については、北九州市土地区画整理事業保留地処分規則第4条及びその他の法令に基づき定めております。なお、土地お引渡し後に申込み資格が無いことが判明した場合は、申込みが無効となりますので、原状回復の上、保留地を返還して頂くこととなりますので、上記を十分ご確認ください。
    12.   ※ 申込者のいない区画について購入者を決定する場合(「先着順分譲の手引き」P.21「購入者の決定方法について Ⅱ」)については、申込資格の(4)~(7)は適用しません。

申込条件について

公募分譲の場合はこちらへ

 

先着順分譲簿場合はこちらへ


  • プライバシーポリシー
  • 「響きの」についてのお問い合わせ