彩りのまち、響きの

まちづくりガイドライン

「彩りのまち、響きの」では、良好な地域社会や街並みを維持形成していくための指針として、「くらしの作法(まちづくりガイドライン)」を定めています。
住民一人ひとりが心がけ、安全・安心で快適なまちをつくりましょう。

くらしの作法(まちづくりガイドライン)住宅地編

「自然に溶け込む色合いで統一され、落ち着きある表情を持つ街並み」「喜びを育む新しいまちづくり」

まちとしての統一感、そしてその中で輝く個性。住む人一人ひとりが美しい街並みを創り出す重要なメンバーです。
住む人に安らぎとくつろぎを与え、訪れる人をあたたかく迎える。豊かな緑に彩られ、人と人、人と自然がふれあい、賑わいと活力が生まれるまちづくりがはじまっています。

「調和と個性、多様性と統一感が美しく調和した街並み」

「植栽が生み出す、美しいハーモニー」

「自然へのやさしい心配り」

「四季の彩りを美しく」

「誰もが安全・安心・快適に暮らせるまちづくり」

学研都市にふさわしい、良好なコミュニティ、誇れるまちをつくるためのルールがあります。
住民一人ひとりが心がけていくことで、みんなが住みたくなるまちができます。

  • プライバシーポリシー
  • 「響きの」についてのお問い合わせ